ホ ー ム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示版 BBSアルバム リンク集 プロフィール
カテゴリ:天体( 6 )

2013年 07月 16日
きぼうを見よう(3)
ひさしぶりの更新です。

JAXA「きぼうを見よう」のページが閉鎖されてから随分時間が経ちました。
再開を待っていたのですが、不正侵入があったとのうわさがあり、このページはなかなか再開されないようです。
そこで、JAXAで紹介されているToriSat「宇宙ステーションを見よう」のページで観測時間の情報を仕入れ、久しぶりにISS/きぼうを撮影しました。
f0159199_1950257.jpg

撮影場所は近所の公園のグランド。つい先日草刈があったので、綺麗に刈り込まれています。
朝4:10から4:16にかけて南南西から北東へ(写真右側から左側へ)最高高度49度で大空を横切るISS/きぼうの光跡です。
(中央右下は国道2号線を走る車のライトの光跡、左側に三脚の影が写っています。)

今回はインターバルタイマーを使い、露出3秒、間隔1秒で76枚の比較明合成です。
梅雨が明けてから朝方は曇り続きでしたが、久しぶりに晴れた空、湿気が多くシーイングは今一でしたが、ISS/きぼうが悠然と渡っていく様子には今更のように胸がときめきました。

D700とシグマ15mm/f2.8。 F3.5、ISO400、3秒・・・原画像は暗かったので+1EV明るくしました。
[PR]

by yama_bohshi | 2013-07-16 13:44 | 天体
2012年 10月 18日
きぼう を見よう(2)
10月11日夕方に観測できた「きぼう」は雲の無い絶好のコンディションで、観測時間も5分以上もあり、南西から天頂近くを通り北東の空へと明るく輝きながら渡っていく様子 それは素晴らしいものでした。

今回の撮影場所はショッピングモール「ザ・モール周南」で市街地の真中です。屋上駐車場から「きぼう」が見える方向を眺めると地上には明るい照明が灯った市街地が広がっています。そうです、今回は明るい市街地を背景にして「きぼう」/ISSの光跡を撮るのです。

さて、「きぼう」が見える角度は左右162度、高度は72度とのことなので、画角180度のシグマ15mm対角魚眼レンズを使い、全体の光跡と地上の市街地をカバーする予定です。街中に溢れる明るい照明を写しこみながら「きぼう」/ISSの光跡をなるべく明るく撮るため、撮影条件は絞りF3.5、ISO感度400に設定して、露光時間を2秒と短くして地上の明るさを抑え、2秒毎のコマを多数重ねて全光跡を写しこむ試みです。結果が下の写真です。
f0159199_115957.jpg

「きぼう」/ISSの光跡は画面左側から中央の上を通り右上へと大きな弧を描いています。この後、更に北東方向に1分程見えていたので、対角魚眼レンズでも全光跡を写せなかったのは残念でした。画面下側には魚眼レンズ特有の中央が凹んで左右が上にあがる形で賑やかに街の明かりが写っています。明かりが白飛びしているのでシャッター速度はもっと短くするべきでしたが、空の色をブルーに調整したので全体的にはチョッと良い感じで仕上がったのではないかと思います。

「きぼう」/ISSの光跡の途切れをなるべく短くするためウェブで見つけた連写モードで撮影するアイデアを使い、エネループ8本を詰めたバッテリーグリップを装着し連写速度をあげたD700を使っています。
リモートスイッチを押しっぱなしの位置にセットすると、2秒毎にシャッターが開閉して連写してくれるのですが、D700は連続撮影が100枚しかでき無いと言う不思議な仕様なので、100枚以上連続撮影する場合には、途中でリモートスイッチを一旦切り、直ぐに入れ直す必要があります。慣れれば1秒も掛からずにできるのですが、前に試したときに見事に失敗した経験があり緊張しましたが、今回は上手く出来ました。

重ねたコマ数は合計129枚で、明コンポジット合成です。1枚目開始から129枚目開始までの時間が4分32秒(272秒)です。シャッターが開いている時間が128枚分合計256秒なので、コマ間時間の合計は272-256=16秒。これをコマ間の数128で割ると0.125秒になるので、連写速度は秒8枚になります。ニコンはバッテリーグリップ付きでのD700の連写速度を秒8枚と発表していますので、ドンピシャの結果でした。

「きぼう」/ISSのような高速で移動する飛行体の光跡と明るい市街地を同時に写しこむには、連写と比較明コンポジット合成を使用する手法はなかなか良い方法だと思っています。

D700+MB-D10にシグマ15mm・f/2.8魚眼レンズ。SS2秒x129枚の比較明コンポジット。
[PR]

by yama_bohshi | 2012-10-18 17:20 | 天体
2012年 08月 30日
きぼう を見よう
「きぼう」は 国際宇宙ステーション(ISS)の一部、日本の実験棟です。
日の出前や日没後に見えるISSは夜空で一番明るい一等星並の明るさがあるので星座の形を写せるレンズでISSの光跡を写すことができます。「きぼう」そのものを写すには更に倍率の高い望遠鏡の様なものが必要ではないかと思います。

「きぼう」が何時どの方向に見えるかは JAXA(宇宙航空研究開発機構)のHP ”「きぼう」 を見よう” (http://kibo.tksc.jaxa.jp/#tracking) で判ります。私もここで得た情報を元に、8月6日に初めて「きぼう」を撮影出来ました。
f0159199_254235.jpg

上の画像の左側中央から右上に伸びる明るい線が「きぼう」/ISSが午後9時頃から約3分間に渡って北西方向の空に描いた光跡です。

ISO400、絞りF4、シャッター速度10秒で連続撮影した100コマを比較明合成してあります。このうち17コマ(約3分間)に「きぼう」/ISSが写っており、星座の光跡はその前後合計約17分間分の長さになっています。

初めて見た「きぼう」/ISSはとても明るく、その明るい光点が大空を横切っていく光景はちょっとした感動ものでした。今回の背景は自宅近くの住宅街ですが、次は絵になりそうな場所を背景に「きぼう」/ISSを撮ってみたいものです。

D700は撮影時刻を記録してくれるのですが、時刻合わせは4年前の購入時にやったきりでした。この間に約1分ほど遅れてしまっていたようで、正確な時刻が写真のデータからは判らなくなっていましたので、これを機会に時刻あわせをやり直しました。

D700とシグマ14mm/F3.5で撮影した100コマを比較明合成しました。画像への文字入れはGIMP2.8。
[PR]

by yama_bohshi | 2012-08-30 20:49 | 天体
2012年 06月 06日
金星の太陽面通過
今日は朝から快晴、庭で金星の太陽面通過を連続写真で撮ることにしました。
しかし、途中で雲が出たり、最後は厚い雲に覆われてしまい完全には撮りきれませんでした。
f0159199_10565789.jpg

金星は左側から右側へと約6時間半かけて太陽面を通りぬけていきました。
金星が薄くなったり、ちょっと大きくなっていたりするのは雲の影響です。
よく見ると、太陽黒点も写っていて(ゴミではありません)、同じ黒点が少しずつ位置がずれています。これは、太陽も自転しているからなのでしょうか?(*1)

真上の太陽をレンズ越しに見るには首を思い切り後ろに傾けなけらばならないし、カメラの向きを調整するため腕を上に上げたりが結構きつくて、疲れました。

D200に300/F4+1.4倍テレコン+(ND400+ND8+PL=約ND10,000相当)。
11枚をGIMPで比較暗合成(*2)しました。

(*1)黒点は太陽の自転に因って移動するそうです。
(*2)比較明合成→比較暗合成に訂正しました。明合成では黒の金星が消えてしまいます。(汗)
[PR]

by yama_bohshi | 2012-06-06 16:21 | 天体
2011年 09月 16日
中秋の名月
久しぶりにお月様を撮りました。

まず中秋の名月 前々日の9月10日夜。目で見ると殆どまん丸ですが、写真にしてコントラストをつけると、
やはり左上に暗い部分があり欠けているのが良く判ります。少しトリミングしたので、36mmフィルム相当で
12mmの大きさになっています。
f0159199_21245831.jpg

雲が多い夜空を見上げて、ようやく真夜中前に撮れました。
写真に写る月の大きさはレンズの焦点距離/100と言われています。D200にシグマ15-500mmの望遠
端+1.4倍テレコンですからフルサイズ1050mm相当なので月の大きさは約10.5mm位かなと思って
測ってみると9.2mmしかありませんでした。

そして、中秋の名月当日、マニュアルで焦点合わせしていますので、ちょっとピン甘ですが、まん丸お月様です。D200にシグマ15-500mmの望遠端+1.4倍テレコンでトリミングして月の大きさ12mmです。
f0159199_21374614.jpg

実は、この写真真夜中を過ぎた9月13日午前3時頃の写真です。この日も雲が晴れるのを待っているうちに
この時間になってしまいました。

そして、2日後9月14日真夜中のお月様は、右側が欠けています。同じくD200にシグマ15-500mmの
望遠端+1.4倍テレコンでトリミングして月の大きさ12mmです。
f0159199_2148532.jpg


ネットの写真と比べるとどうもシャープさが足りない様に思い、ニコン300mm/f4にケンコーの2倍テレコン
でも撮ってみました。この組み合わせはフルサイズ900mm相当なので月は一割チョット小さく写りますが
トリミングして12mmにしています。9月15日夜明け前5時頃の写真です。
この方が若干シャープに写っているように思いましたが、それ程差は無いようです。
f0159199_2212060.jpg


1-3枚目はD200+シグマ170-500mm(500mm使用)+1.4倍テレコン。
4枚目はD200+ニコン300mm/f4+2倍テレコン。現像SilkyPix Pro5。モノクロ変換。
[PR]

by yama_bohshi | 2011-09-16 22:33 | 天体
2009年 07月 22日
日食 撮りました
きょう7月22日は 日本の各地域で日食が見られる日
滅多にない日食だから記念に撮っておいてもいいな と思ったのですが、
常日頃の怠惰さが出て 何の用意もしないまま今日を迎えました。

10時半ばになり外を見ると曇り空で太陽は全く見えません、
が曇りとは言え何時もと違いなにか暗い感じがします。

確か10時過ぎだったと思い日食の時間をネットで調べ始めても
国立天文台や日食時間をおしえてくれる有名サイトには アクセスが多いからでしょう
全く繋がりませんでした。

ところが、こよみのページにはすんなりと繋がり
日食のシミュレーションもみれるではありませんか。

早速、山口を調べると10時50分-11時頃が一番太陽が欠ける時間と判りました。
早速庭に出て厚く雲に覆われた空を見上げ、まあ記念に雲の様子だけでも
撮っておこうと雲を撮り始めました。
f0159199_12395748.jpg

ところが、雲が切れて太陽が顔を覗かせそうな気配です。
然し、観測グラスも持っていないし 目を痛めるだけだよなあ~
f0159199_12405085.jpg
 
なんて 思いながら見上げていると
なんと、雲が観測ガラスになり、欠けた太陽が直に目で見えるではありませんか!!
f0159199_12135796.jpg

太陽の部分をトリミングすると、こんな感じです。
f0159199_12162095.jpg

もっと大きく撮りたいと思い、望遠レンズで狙ったのですが、
f0159199_12184326.jpg

評価測光になっていたので露出オーバーで肝心の太陽の周りがボケています。
その後、何故か薄曇りが続き、もうまぶしくて太陽に目を向ける事ができませんでした。

まあ、何も用意せずに日食を撮れたので、これはもう十分ですね。
正に、数分間のラッキーでした。

1-4枚目はD70とAF-S 18-70/f3.5-4.5、
5枚目はD200とAFS300/f4+TC14EII。
[PR]

by yama_bohshi | 2009-07-22 12:42 | 天体