ホ ー ム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示版 BBSアルバム リンク集 プロフィール
2008年 04月 23日
エヒメアヤメ
防府市西浦に自生するエヒメアヤメは国の天然記念物に指定されています。
自生地は柵に囲われ立ち入り禁止ですが、エヒメアヤメが咲く時期だけ一般公開されます。今年は4/12~4/21の10日間が公開日で、最終日の4/21に観にいきました。

柵のような門を通り抜けると、南西に面した、ガイドさんの話では前の日もスカート姿の女性2人が転げ落ちたと言う、かなり急な斜面が目の前に広がっています。縄を廻らせた囲いの中に可憐なエヒメアヤメが咲いているのですが、看板に書いてある通り背丈10cm位の小さな花なので下からでは良く判りません。
f0159199_20124791.jpg

斜面頂上まで30m位のものでしょうか、左手に三脚右手にサンヨンを付けたD200背に転べ転べと私を後ろへ引っ張る重いめのリュックを背負い、危なげな足元を踏みしめて頂上に立つと、ピンクの上着に緑の腕章を付けた年配のガイドの方が色々と親切に説明して下さいました。

囲いの中のエヒメアヤメ一株一株に白い番号札が付けられ、番号毎にその株を発見した日と毎年の花の数など、一本一本の履歴を記録しているそうです。全部で800株以上、もう一人のガイド暦20年の方も毎年記録写真を撮っておられるそうです。保存会の方の努力の凄さを感じました。
写真左側の赤い服の女性、勢い良く囲いの中に駆け込もうとしているように見えますが、実際には左手に日傘、右手にケータイを構え、エヒメアヤメの大株を撮ろうと、滑り落ちないように足を開いて踏ん張っているとことです。
f0159199_20255323.jpg

自生地は雑草が生い茂るので、草刈が出来なかった戦中から戦後にかけて、背丈の低いエヒメアヤメは日当りが悪くなり数がとても減少したとのことです。今は毎年1~数回草刈をしているそうで、下の写真のように10cmの身の丈に5cmくらいのたくさんの可憐な青紫の花を付ける大株に育っているものもあります。
f0159199_20592699.jpg

この自生地では株分けなどの人工繁殖を一切行わず、自然繁殖に任せているそうです。
下の写真の314番株ですが、普通の株なら5年くらいで花を付けるのに、この株は10年たっても一本だけでまだ花をつけたことはありません。今年の春にはまだ芽がでておらず、とうとう枯れてしまったかと気を揉んでいたところ、公開日前日にやっと芽がでたとのこと。ガイドの方が、トライアングルで特別に目立つように装った314番を例にして自然繁殖の厳しさと、命のけなげさとを熱心に説明して下さいました。
f0159199_21403599.jpg

何故ここのエヒメアヤメは天然記念物に指定されたのでしょうか?
興味のある方はエヒメアヤメ自生南限地帯をご覧下さい。

さてさて、前置きがとても長くなりお待たせしました。
エヒメアヤメのポートレート その1 です。大株の濃い青紫の花です。
f0159199_22113143.jpg

その2
こちらは、淡い紫色のエヒメアヤメ。南西斜面に咲いているので背後から陽があたっています。
f0159199_22151647.jpg

その3
エヒメアヤメの根元付近だけに陽が当たり他の部分は斜面に生えた赤松が光を遮っています。
f0159199_22173217.jpg

その4
この株は側面から陽を受けています。
f0159199_2227330.jpg

どの株も同じ色の株はありませんでした。実生による繁殖なので個体毎に花の色が異なるとのことでした。

中国東北地方、朝鮮半島と日本に分布するエヒメアヤメは実生で繁殖し、鳥や風では種は移動せず、種の持つ誘引物質に惹かれて蟻が種を運ぶことで分布を広げたのだそうです。蟻は空を飛ばず泳ぎもしません。と言う事は、遠い遠い昔、日本はアジア大陸と地続きだったことをこの可憐な花エヒメアヤメが証拠だてているのだそうです。 

以上、保存会の方が説明して下さった内容の受け売りでした。

公開日が終了した後ではブログがお役に立ちません。来年は初日に行きレポートしたいと思います。

1-3 D70とSigma18-200mm、4-8 D200と300mmF4+1.4倍テレコン
[PR]

# by yama_bohshi | 2008-04-23 22:55 | 春の花
2008年 04月 18日
初めまして
ブログを始めました。

皆さんのブログを拝見するたびに、ブログの身軽さに強く惹かれながら 今までずっと躊躇していました。
ホームページ、とフォト掲示板は、ホームページがこちらからの一方的な発信の場なのに対し、掲示版は皆さんと 双方からコミュニケーションがとれる場であり、この2つはお互いに補完しあう関係で、諸先輩方が長年愛用し運用されてきたものです。

ところがブログは発信の場でありながら、皆さんからのコメントを戴くことができ、まさに、HPと掲示板の機能を一つに纏めたものです。
なにかテーマを決め写真を撮ったとして、HPに載せるべきかブログに載せるべきか、きっと迷うに違いありません。次から次へと見事な写真を生み出すことなど、まあどう転んでも有り得ない事ですから。

そう言う訳で、ブログに惹かれながらも ずっと躊躇していました。

ところが、なんと 電気蛙さんも、それにコーミンさんまでブログを始められたのです。

コーミンさんのブログは正統的な写真メインのブログでコメント欄があります。
ところが、電気蛙さんのブログはマルチ人間の電気蛙さんそのもののバラエティに富んだ内容で、コメント欄がありません。コメントはBBS(掲示版)へ投稿する仕組みになっています。

電気蛙さんの方法は、ブログとBBSを両立させる良い方法だなあと感心しています。が、コメント欄は、投稿内容と状況に応じて付いたり付かなかったり、皆さんと同じように使い分ける事にしました。

さて、前置きが随分と長くなってしまいましたが、尊敬するお二方の勇断を拝見し、背中を押された気持ちになりブログデビューとなったわけです。

それでは早速ながらピン甘写真のお披露目です。
春もたけなわとなり庭のブルーベリーが白いベルのような花を鈴なりにつけています。
f0159199_18334465.jpg

ブルーベリーは2本で初めて沢山の実をつけるそうです。
自家受粉では結実が悪く、別の木の花粉をもらうと沢山実がなるのだそうです。
f0159199_18395628.jpg

残念ながら、我が家のブルーベリーは1本だけです。
去年も実のつきが余り良くありませんでした。
狭い庭ですが、今年中にもう一本植え 来年夏過ぎには沢山の
甘酸っぱい青紫色の実が楽しめるようにしたいものです。
f0159199_18472195.jpg

これは、去年海老名にいた頃近所の畑で撮ったものです。
こんな風に、鈴なりになれば良いのですが。
f0159199_1851222.jpg

1-4 全てD70、Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
PS:写真のことですが、きっとHPとブログで使いまわすことになると思います。
[PR]

# by yama_bohshi | 2008-04-18 19:04 | 全体 春の花